スーモカウンター紹介

スーモカウンターで優良工務店を紹介してもらいました

私は築30年を超える自宅建物の建て替えを予定しております。

 

長男も大きくなり今の間取りでは使い勝手がとても悪くなってきてしまいました。

 

建て替えを検討するにあたって、いろいろな住宅展示場に行ってみたのですが、そこにある住宅とはあくまでもモデルハウスでどうも私がイメージする家とはどれもどこか違っているのです。

 

また、私は自分が家を建てる際は家を建てる事自体も大切ですが、工務店のアフターサービスの質も重要視しています。

 

家はむしろ建ててからのメンテナンスが大切だと思うのです。

 

ですから工務店を選ぶ際には良い家を建てるだけでなくアフターサービスの質の良さも考慮に入れたいと思っていました。

 

けれど、アフターサービスの質というものは受託展示場ではどこの業者が良いのか全く判断がつきません。

 

こういうギャップがある時、どうしたらいいかなと悩んでいたのです。

 

その時、友人にスーモカウンターではそうした相談にも乗ってくるれると教えてもらったのです。

 

なんでもその友人もスーモカウンターで相談をしてとても良い工務店を紹介してもらったといいます。

 

そんな口コミを聞いたので、私は家内と一緒に早速スーモカウンターに行ってみる事に。

 

スーモカウンターでは私が建てたい家のイメージ、そしてお願いをする工務店には技術の質だけでなくアフターサービスにも注力してくれると事が良いとお話しをしました。

 

するとスーモカウンターのご担当からはそれであれば地場の優良工務店の中から選んだ方が良いのではとアドバイスがあったのです。

 

なんでも地元密着型のとても口コミが良い工務店がいくつかあるので、そういった所をスーモカウンターでは紹介をしてくれるとのことです。

 

スーモカウンターで候補の工務店の詳細を教えてもらいましたが、手がけられた家の写真を見てもなかなか良さそうです。

 

ネットで調べたらアフターフォローについてはどこも良い口コミばかりなので、これなら私も安心できるかなと思いました。

 

実際、スーモカウンターで紹介を受けた工務店の数社から詳しいお話しを聞きました。

 

どこも本当になかなか良さそうです。

 

中には家カフェの常連さんなんかもありました。

 

ですので私は家内と相談をして十分に検討をした結果、スーモカウンターから紹介を受けた工務店の中の1社に建て替えをお願いする事にしました。

 

その工務店はとても良い家を建ててくれ、またその後のアフターフォローもなかなか良いので本当に満足しています。

 

スーモカウンターは総じてとても親身に相談に乗ってくれるので、本当にここに相談をして良かったなと思っています。

 

これから家の建て替えを検討されている方は是非、参考にしてみて下さい。

住宅展示場の経験

私が住宅展示場に行ったのは待ち合わせで少しの時間が空いたので、たまたま近くで見学会をしていたことがきっかけで行きました。

 

特に時間つぶしのため行ったので、見学にさほど積極的ではありませんでしたが、人生で一度も見学会というものに行ったことがなかったため、一度経験のために訪れてみようと思ったのです。

 

中でいろいろ説明していただきました。

 

中には1000万円の家もありました。

 

簡単な自分の個人情報を書かされ中に入って説明を受けました。

 

説明によるとお家の構造や断熱など様々な家のメリットを色々事細かく教えていただきました。

 

特に完成した家を見ただけではわからない内部の構造や壁の中、天井の裏側も見せていただき、その品質を細かく説明していただきました。

 

建築途中の家を自由に見れるかどうかは、施主がどれだけ積極的なのかによるのかもしれません。

 

しかし、ほとんどがこういった施工途中の中身も見ることができるとおっしゃっていました。

 

完成してからでは本当の家の性能が目で見ることができません。

 

ですから、出来る限り施工途中でも見た方がいいと言われました。

 

危険が伴わない限り過程を見ることが可能だと言っていました。

 

現実的な予算を加味し希望した条件を実現した実物を見れるのが見学会であります。

 

建築会社の実物が最も参考になるのは家であり、その住宅見学会を見ればその数が増えれば増えるほど自分の目が肥えてくるらしいです。

 

自分が家を計画する上では、数を回ることが重要らしいです。

 

平均的な家と比べると私が見たい展示場は豪華であり前面道路の幅員が長かったです。

 

大体が豪華な造りが特徴ですので、実際の街に溶け込むと幻滅するかもしれません。

 

モデルハウスという展示場で見るモデルハウスは、その会社の顔なので高い材料を利用して魅力的な家を作っているわけであります。

 

自分が契約する家はどこが違ってくるかを理解しておくことが重要だとおっしゃっていました。

 

住宅展示場の目的として会社のイメージアップであるであるとか、顧客名簿を作ることはかいしゃにとって必須です。

 

私も最初に入る際に名簿を作りましたし、そういった収集も兼ねているのでしょう。

 

それの交換条件として私たちは家を見ることができるのです。

 

営業マンも仕事ですので翌日から営業電話がかかってくること。

 

これは覚悟した方がいいです。

 

私も実際1年ぐらいかけて、毎週のように土曜日日曜日に電話がかかってきたものです。

 

興味がない旨の話をしても翌週にはまた同じことの説明と質問。

 

一年ぐらい経つ頃には相手もだんだんとわかっていたようで、ルーチンをなって気にしませんでしたが、こういった覚悟はある方は住宅展示場を利用するのに必要であると思います。

このページの先頭へ戻る